この記事は約 2 48 秒で読めます。

むずむず脚症候群に効くツボ

ひどくなると睡眠障害を引き起こし、日中の生活もイライラや眠気の影響が及んでくる障害に、むずむず脚症候群があります。

ためしてガッテンなどの健康系情報番組のおかげで、日本でも近年認知度を上げてきた病気ではありますが、医学的には特効薬などはまだない病気です。

ただ、色々な研究で鉄分不足やドーパミンの影響などがむずむず脚症候群の原因に絡んでいることはわかってきました。

しかし鉄分不足もドーパミンのことについても、「今の症状」に「応急的」に効果を出すのは難しいですよね。

そこで今回は、むずむず脚症候群の症状の緩和に応急的に使えるツボについてご紹介します。

むずむず脚症候群にはまずはマッサージから試してみて

むずむず脚症候群の症状が出た際に、まず試してもらいたいのはマッサージ。

そもそもむずむず脚症候群は、本来伝わらなくても良いような些細な刺激までもが脳に伝わることで、刺激の授受異常が起こっていることから症状が出ているとされています。

ですからむずむず脚症候群の症状が出ている時は、むずむずする以上の刺激を足に与えることで、感じられていたむずむずを無しにしてしまうおうという感じですね。

注射の痛みにを緩和するために別の部分をつねっていると注射の痛みが緩和する…というような都市伝説的な感じもしますが、マッサージはむずむず脚症候群の症状には効果があるので、手軽ですしぜひ1度試してみてください。

ただマッサージも体質によって合わない時があるので、マッサージをする前より症状が強くなったり、痛みを感じるようなことになった場合は「すぐに」マッサージをやめてくださいね。

むずむず脚症候群への応急処置に使えるツボ

むずむず脚症候群の症状が出ている時にマッサージをして症状が緩和した人なら、その効果をより上げるためにツボを押すと良い場合があります。

むずむず脚症候群の症状の緩和に効果的なツボには5つのツボがあります。

むずむず脚症候群に効くツボ1:三陰交

三陰交のツボ押し

場所
足の内側でくるぶしの骨から指の幅4本分上に位置しています。

効果

三陰交は冷えに効くツボとして有名です。

むずむず脚症候群の人は血流が滞っている人も多いので、できればこの三陰交の場所はいつも靴下などで隠して冷えを防ぐのもポイントです。

ツボ押しのポイントは、ゆっくりと息を吐きながら静かに押すこと。

目安としては1ターンに続けて3回程度押すのがコツ。押す力は控えめにして、ツボ押しが苦手な人は温灸でも効果ありです。

※三陰交は陣痛を促進するツボとしても働くので、妊婦さんでむずむず脚症候群に悩む人はこのツボを安易に押すのは避けましょう。

むずむず脚症候群に効くツボ2:合谷

合谷のツボ押し

場所
左右どちらの手でもOKで、人差し指の骨と親指の骨を手首方向になぞって合流した地点を探しましょう。

その合流地点からやや人差し指の方へ上がった場所が合谷です(手の甲側になります)。

効果

合谷はお手軽なツボである上、万能のツボとも呼ばれるツボで、視力などの眼病全般、頭部の疾患全般、そして痛み全般に効果的とされています。

まさに万能のツボですよね。

押し方のポイントはとにかく場所を間違えないことと、押される側の手の力を抜いておくこと。

ツボは押される側の筋肉が張っていると、なかなかその効果が伝わりにくくなるので、押される側の力はふにゃっと抜いておいてくださいね。

合谷は寝ている状態で、手だけでできるので、もし宿泊先などで誰かと一緒に寝ていても、周りの人を起こすことなくツボ押しできますよ。

むずむず脚症候群に効くツボ3:足三里

足三里のツボ押し

場所
ひざから指の幅4本分下にある、骨の外側のくぼみに位置するのが足三里です。

効果

そもそも胃とつながりの深いツボで、気の不足などによる症状に効果があるとされています。

体全体の治癒力を高めることにも効果的で、古くは『奥の細道』にも『登場するツボなんですよ。

昔から足の疲れをとるなら足三里と言われていたツボです。

足のしびれなどに効果があることから、むずむず脚症候群の症状にも効果的と考えられています。

むずむず脚症候群に効くツボ4:失眠

%e5%a4%b1%e7%9c%a0%e3%81%ae%e3%83%84%e3%83%9c%e6%8a%bc%e3%81%97

場所
かかとの真ん中にあるツボで、かかとを親指・人差し指で丸く囲んだ時の中心にある場所を覚えておくと良いでしょう。

効果
不眠に関係するツボで、むずむず脚症候群の症状に対してというより、症状によって眠り温くなってしまった際に効果ありという感じです。

足は第2の心臓と言われるほど、血液の循環に大切な場所で、足裏を刺激することで血液や体内の水分の循環を促進できるようになります。

むずむず脚症候群の症状に悩む人は、血液循環がうまくいってないことが多いので、失眠のツボを押すことで症状が改善することは十分考えられます。

むずむず脚症候群に効くツボ5:曲池

曲池のツボ押し

場所
腕を曲げた時にできるシワの端に位置するツボで、シワの端あたりを押して痛みを感じた場所と覚えると良いでしょう。

効果
曲池は大腸に関わりの深いツボなのですが、神経痛にも効果的なのでむずむず脚症候群の症状が腕に出ている人にはなお効果的です。

もちろん足のむずむずにも効果があるので、覚えておくと便利なツボ。

曲池の良いところは、覚えやすく押しやすいところ。日中に腕に症状が出た際も、ちょっとしたマッサージにしか見えないので周囲にわかりにくいですしね。

眼精疲労や頭痛、腹痛にも効果的なので外で働いている人には大変使えるツボです。

むずむず脚症候群の改善のためにツボ押しやマッサージ意外にしていきたいこととは?

むずむず脚症候群の改善のためには、鉄分の補給も非常に有効だと言われています。

人間の体は食べたものでできており、ドーパミンなどの神経伝達物質も同様に食べたものを体の中で変換して生成しています。

こういったホルモン系統の異常が大きくかかわってくるむずむず脚症候群を改善するためには食事からの鉄分の摂取を意識的に行っていくことが大事です。

また、サプリメントなどで鉄分を補うことも、普段の食事の献立を大きく変更することがなくできる方法のひとつです。

是非、自分に合った方法を探してみてください。